整備士の集い

車のトラブル情報と解決方法

タントシート

タント

珍しい症例?タントの助手席のギシギシ音が気になる

投稿日:

 

L375系のタントに起こり得る症状の助手席のギシギシ音。

助手席に限らず運転席でもあり得るかもしれません。

 

ギシギシ音の原因は?

シートレールのガタです。

シートレールというのはシートが車両と固定されている部品のことです。

シートを前後にスライドさせる時もこのシートレール上をスライドしていることになります。

このシートレールにガタがあると、ギシギシやカタカタという異音が発生してしまうということです。

 

どんなときに異音が発生するの?

車が曲がったりした時や、段差などの振動で発生します。

助手席側で異音が発生しやすいのは、助手席に同乗者がいない場合シートが動きやすいからではないかと思います。

同乗者がいてシートが固定されていればガタがあってもシートが動きにくく異音が発生しないということです。

※助手席に同乗者、または運転席であろうとシートが動く可能性はあるので、100%異音が発生しないわけではありません。

異音を確認するときはシートを手で上下左右に揺さぶってみてください。
揺さぶってみて同様の音が発生すればシートレール不良ということになります。

 

対策方法は?

シートレールにギリスを塗布することで異音が収まることがあります。
ただ、グリスを塗布したとしてもガタ自体が収まるわけではなく、一時的な異音の対策にしかならない場合があるので注意が必要です。

完全に修理したいとなれば、シートレールの交換が必要です。

グリス塗布、シートレール交換どちらにしてもシートを脱着する必要があるので、個人で修理するのは少し難しいかもしれません。


 

修理の前に愛車の価値知ってみませんか?
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

車買取のオススメは?

車買取業者は無数に存在します。

だからこそあなたに合った業者を探す必要があり、その差は10万以上になることも多いです。

そんな中でオススメのサービスをランキング形式にしましたので、是非ご活用ください。

No1. カーセンサー.net

中古車を探したことがある人なら1度は耳にしたことがあるであろうカーセンサー!

中古車販売に限らず車買取でもカーセンサーは大手中の大手です。

大手だからこその信頼感と圧倒的な提携業者数を誇っているため、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいと言えます。

一括査定の唯一のデメリットとして「電話連絡がしつこい」がありますが、どうしてもそれが我慢できない人は連絡方法を「メールのみ」にしておくのも良いかもしれません。

No2. ガリバー

どこの都道府県を走っていても必ずと言っていいほど店舗を目にするガリバー。

店舗に馴染みがあるのもあってか、車買取市場では常に上位にいますね。

筆者の友人や知人の間でも、「ガリバーを利用して買取りしてもらい満足した」という声を多く聞いたことがあるためオススメできます。

No3. ユーカーパック

 ユーカーパックはなんと言っても、従来の一括査定のデメリットでもあった複数の業者からの営業電話がないのが特徴ではないでしょうか。

査定で算出された金額から希望額を伝え、オークションを行うシステムとなっています。

小規模の車買取業者も多く参加していることから、年式が古い車や状態があまりよくない車でも車種・グレードによっては高値がつく場合がありますね。

-タント

Copyright© 整備士の集い , 2019 All Rights Reserved.