整備士の集い

車のトラブル情報と解決方法

プーリー

ムーヴ

ダイハツムーブやタントのベルト鳴きの原因はこれ!

更新日:

エンジンを始動した直後や走行中になるキュルキュル音・・・。
とても不快な音ですよね、あんな音をさせながら乗れたものではありません。

その原因はベルトの劣化、緩みなどが主な原因でありどんな車でも起こりうる現象です。
特に軽自動車はなりやすいイメージがありますね。
街中でとてつもないキュルキュル音を鳴り響かせながら走っている軽自動車をよく目にします・・・(笑)

しかし今回解説するムーブやタントに限っては別の原因からベルト鳴きが発生してしまうようです。

因みに、該当する型式は

  • ムーヴ:LA100系
  • タント:LA600系

他にも該当する型式があるのかもしれませんが、上記の型式に症状が多いようです。

該当車種にお乗りの方は是非最後まで読んでください。

>>ダイハツ車のエコアイドルランプのオレンジ点滅にご用心!?

ムーヴ、タントのベルト鳴きの真相

 

原因はズバリ、ベルトに水がかかってしまうこと。

水?

え?水?

どこから水が侵入するんだ?

ここから水がエンジンルーム内に侵入するんです!

分かりづらい写真となっていますが、カウル部分の写真でカウルを取り外した写真となります。

水侵入経路

本来雨などの水はカウルに付いているパッキンが写真の黄色に塗った部分と密着し、水が侵入しないようになっているのですが、パッキンに不具合があるためエンジンルーム内へ水が侵入してしまうということです。

そしてエンジンルーム内へ侵入した水はエンジンルーム内の部品を伝って、ちょうどベルトにかかってしまいます。

ベルトが濡れると当然摩擦が下がるので滑りが発生し、キュルキュル音がなってしまうということです。

そのため、この症状によるベルト鳴きはエンジン始動時にだけということが多いです。
場合によっては水によってベルトがついているプーリーが錆び、ずっとベルト鳴きを引き起こすということもあるみたいです。

<訂正と追記>

上記の写真のパッキンの接触する部分の説明が違っていたため以下に訂正します。

ムーヴパッキン説明

上の写真はムーヴになります。

訂正前の写真と同じようにカウルを外した状態で、少し奥を覗きこむとワイパー本体が固定されている鉄板があり、写真の黄色の部分と取り外した樹脂部品のカウルのパッキンが密着しています。

<取り外したワイパーカウル>

ムーヴワイパーカウル

 

そして下の写真のように矢印のパッキンを袋に入っている新品のものと交換します。

ムーヴパッキン説明

 

スポンサーリンク

 

対策方法は?

 

  • カウルのパッキンを交換する。
  • ベルトを新品に取り替える
  • プーリーに錆が発生していれば磨きが必要。

この3つの作業は最低必要かと思います。
自分で行うのは難しいと思いますので、お近くのダイハツディーラーにて「ベルトが鳴く」と伝えましょう。

エンジンルーム内に水が入っている状態のままだとベルト関係以外の部品も錆びてしまう原因になるので、早急な対処が必要です。

なんと言いますか・・・少し作りが雑すぎますよね・・・(笑)
カウルからエンジンルーム内に水が入っていくなんて聞いたことがありませんよ(汗)


 

現在の自分の車の価値を知ってみませんか?

車買取のオススメは?

車買取業者は無数に存在します。

だからこそあなたに合った業者を探す必要があり、その差は10万以上になることも多いです。

そんな中でオススメのサービスをランキング形式にしましたので、是非ご活用ください。

No1. カーセンサー.net

中古車を探したことがある人なら1度は耳にしたことがあるであろうカーセンサー!

中古車販売に限らず車買取でもカーセンサーは大手中の大手です。

大手だからこその信頼感と圧倒的な提携業者数を誇っているため、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいと言えます。

一括査定の唯一のデメリットとして「電話連絡がしつこい」がありますが、どうしてもそれが我慢できない人は連絡方法を「メールのみ」にしておくのも良いかもしれません。

No2. ガリバー

どこの都道府県を走っていても必ずと言っていいほど店舗を目にするガリバー。

店舗に馴染みがあるのもあってか、車買取市場では常に上位にいますね。

筆者の友人や知人の間でも、「ガリバーを利用して買取りしてもらい満足した」という声を多く聞いたことがあるためオススメできます。

No3. ユーカーパック

 ユーカーパックはなんと言っても、従来の一括査定のデメリットでもあった複数の業者からの営業電話がないのが特徴ではないでしょうか。

査定で算出された金額から希望額を伝え、オークションを行うシステムとなっています。

小規模の車買取業者も多く参加していることから、年式が古い車や状態があまりよくない車でも車種・グレードによっては高値がつく場合がありますね。

-ムーヴ

Copyright© 整備士の集い , 2018 All Rights Reserved.